人生の転機には前兆があるって本当?見逃したくない6つのサインを紹介します!

 

人生の転機が訪れる前には、何かしらの前兆・サインがあるといわれています。具体的にどんなことが起こるのか、本記事では転機が訪れるタイミングやその予兆、そして転機をチャンスに変えるためのポイントなどを紹介していきます。


 

誰もが一度は経験したことのある「人生の転機」。

 

起業・昇進・結婚といった良い転機もあれば、事故・病気・倒産といった悪い転機もあり、そこでどんな行動をとるかによって、その先の未来が大きく変わっていきます。

 

ただ、その渦中にいるときは、目の前のことに必死で「今が人生の転機だ!」とはなかなか気づけないもの。これまでの人生の中で「あのとき、ああしておけばよかった」「違う選択をしていれば、こんなことにはならなかったのに…」と、今になって悔やむ選択をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな後悔をしないために、本記事では、人生の転機が訪れる前兆・サインや転機を好機に変えるポイントなどを紹介していきます。未来を左右する重要な局面を迎えたときにどのような行動をとるのがベストなのか、詳しく確認していきましょう。


人生の転機とは

 

人生の転機とは、「今の状況から新たな状況へ変化するきっかけ」のことを指します。

 

進学や就職、引っ越しといった目に見える変化はもちろん、考え方や価値観といった目に見えない変化もその1つ。良いことであっても悪いことであっても、人生の流れを大きく変えるような出来事に直面しているのであれば、それは転機が訪れているということになります。

  

そして、その転機を好転させられるかどうかは自分次第です。些細な変化を感じ取り、それを飛躍のチャンスと捉えて前進できれば人生のステップアップにつながりますし、そのサインに気づかず、何も行動しなければ、せっかくのチャンスをふいにしてしまうことになります。

 

 

では、いつ訪れるかわからない転機をどのように察知すればよいのでしょうか。

 

 

そのためには、転機が訪れやすいタイミングや前兆・サインを把握し、好機を逃さぬようアンテナを張り巡らせておくことが重要です。具体的にどのような出来事が関係してくるのか、詳しく見ていきましょう。


人生の転機が訪れるタイミング

 

まずは、人生の転機が訪れるタイミングを3つ紹介します。

 

①人生の節目を迎えるとき

②自分の成長を実感したとき

③生活環境が一変するとき

 

それぞれ確認していきましょう。

①人生の節目を迎えるとき


人生の転機が訪れるタイミングは人によってさまざまですが、年齢による転機は比較的予期しやすいものの1つとして挙げられます。

 

例えば、成年に達する年(18歳)、大学を卒業して社会に出る年(22~23歳)、キャリアアップやキャリアチェンジを真剣に考え始める年(30歳前後、もしくは40歳、45歳前後)、定年退職する年(60~65歳)など、人生の節目となる年は、多くの人にとって転機となります。

 

 

どれも今後の人生の方針を決める重要なタイミングとなるので、自分自身と真剣に向き合い、後悔のない選択をするようにしましょう。

②自分の成長を実感したとき


転機は訪れるのを待つだけでなく、自らの力で生み出すこともできます。

 

 

特に、自分の成長を実感したときは、転機を引き寄せる最大のチャンス。今の環境に物足りなさを感じたり、周囲の人と価値観が合わなくなってきたり、そんな風に違和感を覚えたときは、自分が成長している可能性が高いです。そこに留まっているだけでは何も変わらないため、ステップアップに向けて自主的に行動していきましょう。

③生活環境が一変するとき


人生のターニングポイントは、自分の予期しないタイミングで急にやってくることもあります。

 

例えば、会社が倒産したり、事故に遭ったり、大切な人との別れがあったり。自分1人ではどうにもできないことで、生活環境が一変してしまうこともあるでしょう。

 

 

場合によっては、人生のどん底に落ちたような気持ちになるかもしれませんが、そんな厳しい状況にあるときこそ、人生を好転させるチャンスです。ピンチに見舞われたときは、どうしても動揺したり弱気になったりしてしまいますが、つらく苦しい出来事は自分自身を見つめ直すきっかけにもなります。すぐに気持ちを切り替えるのは難しいかもしれませんが、そこを乗り越えられれば、一回り大きく成長できるでしょう。


人生を好転させるチャンス!転機が訪れる6つの前兆・サイン

 

次に、人生の転機が起こる前兆・サインを6つ紹介します。

 

①興味の対象が変わる

②何もかもうまくいかない

③恩師や旧友との再会

④偶然が重なる

⑤引っ越し欲が高まる

⑥過去を振り返ることが多くなる

 

 

1つずつ見ていきましょう。

①興味の対象が変わる


仕事にしろ、趣味にしろ、これまで熱中していたものや好きだったものへの興味・関心が薄れたときは、自分の内面が変化している証拠です。

 

仕事がマンネリ化して現状に物足りなさを感じていたり、年齢を重ねて趣味嗜好が変わっていたり、自分でも気づかぬ間に新たな刺激を求めているのかもしれません。

 

 

こうした感情が芽生えたときは、思い切って新たな分野に挑戦するのがおすすめです。別の仕事を請け負ってみたり、転職を検討してみたり、違うジャンルの趣味を始めたり、そこで踏み出した一歩が後の人生に大きな影響を与えることもあるでしょう。

②何もかもうまくいかない


勉強や仕事、恋愛や人間関係など、これまで順調に進んでいた物事がうまくいかないときは、自分の考え方や価値観を見つめ直すチャンスです。

 

 

何に躓いているのか、今までと何が変わったのか、うまくいかない原因を客観的に分析し、改善に向けて前向きに行動することで、逆境をプラスに好転させられるかもしれません。

③恩師や旧友との再会


学生時代の恩師や旧友など、昔よくお世話になった人たちとの再会も転機が訪れる前兆の1つ。

 

 

忙しい毎日に追われていると、実現したいことや本当にやりたいことをつい忘れてしまいがちですが、過去の人生に大きな影響を与えた人たちと再会することで、その当時の感情を呼び戻せる可能性があります。タイミングによっては、その再会が新たなステージへの挑戦を後押ししてくれることもあるでしょう。

④偶然が重なる


これまでの人生の中で、不思議と偶然が重なったという経験をしたことはありませんか?

 

 

例えば、連絡しようと思っていた相手からちょうど連絡が来たり、会いたいと思っていた人と街中でばったり遭遇したり、気になっていた情報をたまたま入手できたり。そんな偶然が立て続けに起こるのは、人生の転機が訪れる前触れかもしれません。思いもよらぬ出会いがビジネスや恋愛に発展する可能性もあるので、少しでも転機の兆しを感じたら積極的にチャレンジしてみてください。

⑤引っ越し欲が高まる


無性に引っ越しや断捨離をしたくなるのは、無意識下に「環境を変えたい」「現状を打破したい」という意思が隠れていることがうかがえます。

 

 

そんなときは、思い切って新天地へ移ってみてはいかがでしょうか。実際に転居するとなるとそれなりの労力を要しますが、住環境は行動や考え方、ライフスタイルに大きな影響を与えるため、生活拠点を変えることで良い方向へ転じるかもしれません。

⑥過去を振り返ることが多くなる


「あの頃は良かったな」「あの頃は楽しかったな」と過去を羨むのは、現状に何かしらの不満を抱えていることの表れです。

 

 

現状に満足しているときは、過去を振り返ったり、思い出に浸ったりするようなことはしなくなるため、過去の思い出が今よりも輝かしく見えるときは、現状を変えるための努力が必要な時期とも捉えられます。そのため、漠然とした不安やモヤモヤが晴れないときは、その原因を突き止め、解消に向けて行動してみましょう。


人生の転機を「チャンス」に変えるための3つのポイント

 

最後に、人生の転機をチャンスに変えるためのポイントを3つ紹介します。

 

①自分自身とじっくり向き合う

②第三者の意見を参考にする

③直感を信じる

 

 

それぞれ簡単に解説していきます。

①自分自身とじっくり向き合う


転機のサインに気づいたときは、まず自分の身に起こっていることを客観的に整理してみましょう。過去を見つめ直し、今の状況に置かれている理由を深く掘り下げていくことで、解決すべき課題が明確になります。そうなれば、次に何をすべきなのか、最適な選択肢が自ずと見えてくるでしょう。

 

 

もし、状況をうまく整理できない場合は、頭に浮かぶことを紙に書き出してみてください。現状に至るまでの感情の変化や今後の選択肢を書き出すことで、自分を客観視できるようになるはずです。

②第三者の意見を参考にする


自分の進むべき道に迷ったときは、家族や友人、専門家など第三者に相談するのも1つの手です。

 

 

もちろん、最終的な判断を下すのは自分自身ですが、他人の意見に耳を傾けることで視野が広がり、これまで見えてこなかった新しい可能性に気づくことがあります。場合によっては、そこで聞いた意見やアドバイスが大きな転機を招くこともあるでしょう。

③直感を信じる


たくさん悩んで考えて、それでも決断に踏み切れないときは、思い切って自分の直感を信じてみてください。自分と対峙してじっくり考えを巡らせることも大切ですが、どれだけ時間をかけて考えても答えが見つからないこともあります。そんなときは、覚悟を決めて直観に従ったほうが良い結果を得られるかもしれません。


転機の前兆を察知して人生を好転させよう!

 

長い人生の中で、人は何度も転機を迎えます。しかし、その大半は気づかぬ間にやってくるため、いつの間にかチャンスを逃してしまったなんてことも珍しくありません。

 

そうならないためには、自分自身そして身の回りの変化を敏感に察知することが大切です。これまでは気に留めなかったような些細な変化にも注目することで、そのサインに気づきやすくなります。

 

そして、少しでも転機の訪れを感じたら、失敗を恐れず前向きに行動してみてください。新たな一歩を踏み出すことで、その後の人生がより豊かなものになるかもしれませんよ。

 

なお、プラチナスターでは、自分の力で人生を切り開いていく力を身につけるためのメニューを提供しております。各種相談も承っておりますので、何か気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

 

体と心を整えた上で、スッキリとした明晰な意識を持って日々の活動の選択をしていく、人としての本来の在り方からブレない軸を形成することで、人生を自分の力で好転させていくことに貢献する、数々のメニューを取り揃えております。

 

人生を好転させる力を身につけたい方はこちらから